« ミュージカル『蜘蛛女のキス』11/9(金) | トップページ | 生誕100年 小口正二 展 ―彫漆の彩匠― »

2007年11月12日 (月)

劇団四季ミュージカル『EVITA(エビータ)』11/11(日)

 Evitas_2

劇団四季ミュージカル『EVITA(エビータ)』

11月11日(日) 開場18:00 開演18:30 
長野県県民文化会館 大ホール 1階せ列端っこ

キャスト:エバ・ペロン  …井上智恵
      チェ      …佐野正幸
     フアン・ペロン …渋谷智也
     マガルディ   …内田 圭
     ミストレス    …久居史子

13年ぶりの劇団四季のミュージカル鑑賞。
母と2人でまたまた行ってきました。
石井さんの東京楽の日に何やってんだか…(^_^;)


解説:南米アルゼンチン。
1919年、この国の片田舎に私生児として生まれ、
貧困生活を送る中で富と名声に憧れた一人の少女がいました。彼女は美貌を武器に、強い意志と行動力を持って人生の階段を駆け上ります。
そして、ついに大統領夫人となり、民衆から聖女とあがめられた彼女の名は、エバ・ペロン。権力を使って貧しい人々を救う一方で、国を私有化したとも言われるほどの多面性を持つ実在の女性の半生を、ミュージカル『エビータ』は冷静な目を持って描いています。

全体の感想…久しぶりに劇団四季のミュージカルを観ました。
解説にもあるように、エビータを冷静に描いています。
劇団四季のキャストは全員、歌も完璧、踊りも完璧、
全てが計算されつくした完璧なミュージカルでした。。。
それが、いいという人もいるでしょう。
それが浅利慶太さんの演出の美学なのかもしれません。
それともたまたまこの『エビータ』というミュージカルがそうだっただけ
かも知れません。
でも、私は、舞台って生で観るから素晴らしい!と思っていて、
舞台人はその役を生きてほしい…とひそかに思っています。
劇団四季のキャストの方々のレベルの高さは分かりましたが、
その役を演じているだけで、生きてはいませんでした。
劇団四季は、完璧で素晴らしいと思いますが、もっともっと
自由に演じさせてあげてほしいと思うのです。。。
毎日のように演じなくちゃいけないから、完璧を舞台で
重ねるというのも、すごい気もするんだが。
やっつけ仕事…にはなってませんよね??
いろいろ辛口に言ってしまいましたが、
ま、要するに私の好みじゃない、ということでした~(^^ゞ
(それが言いたいがために偉そうに語ってしまいました( ̄▽ ̄;)ハハハ…)
音楽は、かなりよかったです。これも難曲がでまくりです。

キャストの感想…いままで観たミュージカルの中でも、
歌唱力・ダンス力・表現力全て、この舞台はかなりハイレベル。
素晴らしかったです。これについては、やっぱり浅利さんの
教えの賜物だと思います。
私は1階、母は2階で観たのですが、2階から観た母が
「ダンス人の間隔もきちんとしてた」と言ってましたので、
相当なレベルの高さで稽古を積み重ねているんだろうなぁと感じました。

エビータ(井上智恵)…かなりの音域を持った方。とても透明な声の
持ち主。綺麗だし、「共にいてアルゼンティーナ」をあのドレスで
歌ったときは、鳥肌が立ちました。
チェ(佐野正幸)…こちら、チェ・ゲバラのことだと思われ。
(チェ・ゲバラはアルゼンチン産まれのマルクス主義者で
キューバを全体主義から共産主義に導いた人)
髭に軍服姿で登場します。。。カッコイかった。
歌もやっぱ、すごいね。。。
マガルディ(内田圭)…この方、あっという間にエビータに捨てられちゃうんだけど、歌が素晴らしかった。あと、なんだかどこかでこの方を観たことがある気がするの…。何でだろう?
フアン・ペロン(渋谷智也)…台詞の声が若かった。(…といっても台詞は一言だけ)歌声と見た目は割りと歳を重ねたようにお見受けしたが、若い方だったのか?それとも声だけが若い??

エビータの全国公演、いっぱいいろんなことを発見できました(違うところで)。
こちら、あくまでも個人的な感想ですので、あしからず。

« ミュージカル『蜘蛛女のキス』11/9(金) | トップページ | 生誕100年 小口正二 展 ―彫漆の彩匠― »

ミュージカル」カテゴリの記事

観劇」カテゴリの記事

コメント

やった!!コメント一番乗り!(なんのこっちゃ…)
コレはすごく興味があって、見たい!!と思っているんだけど。
もしかしたらマドンナの方がよい??
ごめん、映画と一緒にするなと言われそう(汗)
そっか、やっぱり詳しい人はいろんな感想もつんだね~。
勉強になりました。
またいろいろ教えてねん♪

エビータ大好きっ!しかも舞台オタクなくせになぜかこれは映画が大好きっ!!(^^;)
のまこさんと全く同じ理由で四季の芝居がダメな私ですが、今井清隆さんのファントムと濱田めぐみさんのアイーダだけは魂持ってかれました。ウィキッドも楽しめましたよ♪機会があったらぜひチャレンジしてみてください!(←いや無理にがんばらんでも^^;)

ところで、蜘蛛女のキス の客入れ中に流れてた曲は確か「マイ・ファニー・バレンタイン」だったような…とっても多くの人がカバーしているので、どなたが歌っているかはわかりませんが…って気のせいだったらゴメンナサイ!

自由な時間さん♪
おっ!お久しぶり♪コメントありがとう~♪
マドンナの映画バージョンを実は最近まで知らなかった私。。。
もしかすると、この舞台も自由な時間さんの好みにばっちりはまるかもしれないし、ぜひ観てみてください!!
で、ぜひまたご感想を~♪
史実に基づいているから、アルゼンチンの歴史の勉強にはなるかと思います…。

トムさん♪
>映画バージョン
自由な時間さんも仰ってますが、有名だったんですね…マドンナのエビータ。。。しらなんだ~。。。
ファントムオブオペラでしたっけ?今井さんの四季時代観て見たかったなぁ~。ウィキッド、機会があればかなりの日数やっていそうなので観に行きたいと思います。(6月の夫が社員旅行de不在で嬉!カーニバルデー♪あたりが濃厚)

>マイ・ファニー・バレンタイン
ありがとうございます!!超ーーー気になっていたので嬉しいです♪♪♪
只今、ituneで確認してきました!(視聴のみ(笑))
これです!…私もどなたのヴァージョンか探し出せず(^^ゞ
歌詞も違うサイトで見ましたが、モリーナのヴァレンティンへの歌みたい。こんな伏線があったとは…奥が深すぎる『蜘蛛女のキス』でございます…(笑)

My funny Valentine…
↑マイ ファニー ヴァレンティンって読めるぢゃないか…(πДπ)←勝手に号泣
私、偉そうに言っといて歌詞知らなかったので見てきました!これ普通の恋人に贈るには難易度高い歌詞だったんですね(^^;)本当にモリーナのためにあるような歌…って1人妄想タイム。そしてふと「一瞬でもヴァレンティンがモリーナにこう思ってくれてたら…」とか考えてしまってまた号泣…
恐るべし、蜘蛛女のキス

トムさん♪
そうなんですよぉ~♪ヴァレンティンと読めるんです!
ホント、荻田先生の頭の中ってどうなってるんでしょう?
この歌を歌っている中の一人チェットベイカーの歌声、女性のように聞こえるのですが、実は男性。中性の声質であるので、もしかすると幕前に流れていたのは、この方の歌声かも…。
そう思うと、何だか『わな』が多すぎて(私が勝手にもがいているだけかも)、また観れば新たな発見があるかもと思うように。。。また観たくなりました~(*^。^*)再演希望!

>今井清隆さんのファントム
トムさんうらやましい。
リアルタイムでキーヨ怪人に会ったって貴重ですよ!
四季独特の表現やヒロインが微妙にアニメチックな声が少しいただけませんが、ショービジネスへの貢献度はすばらしいですよね。
8年前に観たキャッツが人生1度限りの四季との遭遇。
そりゃもう凄かったけど、難点が「この役誰じゃーい!」という点でしょうか。キャスト複数いたら初心者にはわかりません(涙)
キーヨファントムとガストンは会いたかったな。
>「My funny Valentine」
超直訳だと「私のおかしなヴァレンティン」でいいですか?
(王様の「高速道路の星」(ハイウェイスター)みたい?)
・・・意味深(ホロリ涙)

ごら、エビータにかすってないぞ。

のまこさんありがとう(T∇T)
コラム見に行って、一瞬石井さんに名前呼ばれたかと思いましたが(笑)のまこさんが本当に呼んでくれてたー!なんかちょっと嬉しくて…教科書に親戚の名前載ってるみたいな感じです(←わからんっ!爆)
のまこさんのおかげでモリーナちゃん直々に完璧な解答いただけて感謝しますm(_ _)m
哀愁の歌声探してみよっと♪

kinoさん
今思えば、今井ファントム・井料クリス・石丸ラウルって凄いですよねー♪シャンデリアのかけらも来ないような遠ーい席ばかりでしたが、私がレミ以外で初めてリピートした作品かもしれません。
今なんだか四季大変そうですが…(^^;)
それから、私は楽日&party参加です!
またご挨拶させていただきたいと思ってます(^-^)/

kinoさん♪
>四季との遭遇
↑四季は宇宙人かいっ!(笑)ま、そんな感じもあるなぁ。。。(え?)
ショーとしては、完璧でした。
初めての出会いは『キャッツ』でしたかっ!
実はキャッツ=井上芳雄氏というイメージがあって、一度は観たいと思っている一品。(それで観てみたいのです…)
キャッツシアターもみてみたい。(私、もしかして四季に食いついてる?)
エビータは、かすらなくていいです(笑)←笑っていいのか?!

>私のおかしなヴァレンティン
ヴァレン『タイン』…と思われます。もしよければ、こちらのサイトに訳が載ってますので訪問してみてください!
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070203
もしくは…
http://www.asahi-net.or.jp/~yi9r-aoyg/yoko/songs.htm#myfunny

…ほんと、泣けます。号泣です。。。(ToT)

トムさん♪
ほんとすいません。。。名前出してしまって…。

>一瞬石井さんに名前呼ばれたかと思いましたが
トム!待て…ウェイツ…とか??(笑)
私もタイトルにトムウェイツ…とでたとき、お?と思わず、トムさんを思い浮かべましたよぉ~。
ここでかなり盛り上がっていましたものねぇ~♪
私のせいかどうかは謎でござんすが、でも教えてもらえて嬉しかったです。ブルーヴァレンティン…もといブルーヴァレンタインもあったんですねぇ!私、早速ituneでダウンロードしちゃいました。(ブルーヴァレンタインのみ(^^ゞ)
石井さんの仰るとおり、超渋~いお声でした。。。

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

>トムさん
>今井ファントム・井料クリス・石丸ラウル
最強トリオですね!
所有しているCDは石丸ラウルじゃなかったような。
井料さんは特に高音が極細の絹糸のようにほそーくしなやかーに響きわたる美声(低音はちょっと怖い)。
キーヨファントムなら地下に戻ります私(笑)
最後の対決で、ラウルって足手まといだな。と思う私の血はきっと青いんでしょうね。
四季大変なんですか?
なぜ~♪わたーしは知りたいーその訳を知りたい~(いや無理はいいません)←クリスティーヌで(笑)
大阪場所パーティ、結構参加者いらっしゃいますね♪
こちらこそよろしゅう☆楽しみにしておりますよ(^▽^)

>エビータは、かすらなくていいです(笑)
RENTでかすってるから、私の中で(笑)
キャッツ=井上君なのですか、のまこさん???
いたっけ?どの猫だっけ??
「マイファニー」から高泉師匠のアルバムに流れてしまいました。
久しぶりに聞く淳子師匠はファニーでキュートな声であります。
今年の締めはアラカルト!
ご紹介のサイト、今からちょっくら見てきやす!

のぞいてみました、のまこさん。

>「でも、ずっとそのままでいてね」
受け入れられなくてもありのままを受け止めようとする
ピュアだな、モリーナ。
はかないけど強いですね(矛盾?)

kinoさん♪
おはようございます!!
とうとう、今日から蜘蛛女ウィークの始まりですね~!
いや~~~んヾ(≧∇≦)ノ♪楽しみですねーーーーっ!!!
(なんで私まで興奮してるのか…?)
また、もしよければご感想お待ちしております!!

超ピュアなモリーナでした。
モリーナは…ヴァレンティンのために生きようと思ってからは、強くなりました。。。(ToT)(←思い出し泣き)
女は強し!!間違いない!(←古っ!)

アラカルト楽しみですね~!なんとか白書…で筒井さんでてましたよねぇ?キムタクとかも出てた様な…。

のまこさん
それは、、、あすなろ白書?
見てた気がするのですが話全く覚えていません・・・
私もア・ラ・カルト観に行きます♪>kinoさん

>私もア・ラ・カルト観に行きます♪
行かれますかconejitaさん。
私は大阪場所です。今年はどんな料理が出てくるんでしょうね。
来年が確か20周年と記憶してるので、カズさん再登板・・・はないだろーな。あったらいいのに。
おなじみさんのように毎年年末元気にアラカルト参りできたら素敵だな、と思います♪

さて、明朝出発ですが何一つ準備してません。
さらに!眠い・・・。うおう(汗)
レポできるでしょうか?がんばります(笑)

conejitaさん♪
そうですっ!!あすなろ白書!
筒井さんが確か主役だったのに、キムタクの役のほうが好きだった気がします。。。

アラカルトいいなぁ~>conejitaさん&kinoさん
石井さん再演だったら、今度は行くぞぉ~!…って無理かしらん?

kinoさん♪
すいませんっ!てっきり金曜日から感激…じゃなくて観劇かと思ってました(^^ゞ
今頃観劇中かしら??
いいなぁ~!!

conejitaさん&kinoさん&トムさん&匿さん
大阪楽しんでいらしてくださいましねぇ~♪
FURIさん
気をつけて、遠方逃亡(笑)行ってらっしゃいませ~~~っ(ToT)/~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175385/17048391

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季ミュージカル『EVITA(エビータ)』11/11(日):

« ミュージカル『蜘蛛女のキス』11/9(金) | トップページ | 生誕100年 小口正二 展 ―彫漆の彩匠― »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ