« 抹茶クッキー | トップページ | 消しゴムはんこ第4弾 »

2008年3月 5日 (水)

レモンシフォンケーキ

 Photo 

今日は、仕事が割と忙しく、あまりの疲れに帰りの電車の中で寝てしまい、乗り過ごしそうになる。(笑)
…と、グッタリして帰ってきたのに、作ってしまった。。。
シフォンケーキ。
何故作ったかって?
理由は、某ブログで『ふわふわのシフォンケーキ』とか書いてあったから♪
で、食べたくなって、買うのはもったいないから作ってみました。

今日は、以前自由な時間さんからもらったレモンシフォンのレシピで作ってみました。
空気抜きが甘くて、ちょっと気泡が残ってるけど、美味しくふわふわ&しゅわしゅわのシフォンケーキが出来上がりました~♪
生クリームがあると、もっと美味しいかもねぇ~shine
明日、買いに行こっと。タカナシの生クリームがやっぱり一番!本物の乳を使ってるから、とても美味しいです。

« 抹茶クッキー | トップページ | 消しゴムはんこ第4弾 »

お菓子」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
お久し振りですm(__)m

>某ブログで『ふわふわのシフォンケーキ』
ほんとに、
『ココ、突っ込んで~』が見え易くてキュートですネ・・・(笑)

ケーキ美味しそうですわっ!(^^)
某会合でいただいたチョコケーキも美味しかったでしたね!

匿さん♪
お返事遅くなりましてすいませんm(__)m。。。
こちらでは(笑)お久しぶりです!
>『ココ、突っ込んで~』
はい♪分かりやすかったですよねぇ~( ̄∇ ̄*)♪

某会合でのチョコケーキ、本当に美味しかったですよねぇ!ハートな形も可愛くて、かなり嬉しかったです♪

>チョコケーキ
何のことやらのまこさんのコメント見るまで全然気が付きませんでした。どうやら私の脳内では『危険記憶』として抹殺が試みられていたらしいです。味…覚えてないわ、私。食べながら生きた心地がしなかったのははっきり覚えています。喉に詰まるかと思いましたし。何をもらっても(それが家だろうと車だろうと)平然としていられる胆力が欲しいです…。あの会合の後レポート提出までの私の右往左往っぷりは我ながらこれ以上情けないものはございませんでした。地に足が着かないってこういうことを言うんだな、と身をもって体感しました。(そもそも普段から飛び上がっているか墜落しているかのどちらかのことが多いので、あまり着いていないんですけれどね。よく『楽しそうでいいね』と言われますが本人はそれなりに大変です。)

>ふわふわのシフォンケーキ
自分が自主的には全く食べないので『へぇ~食べるんだ』と思いっきり本気でボケ倒してしまいました。あれ、分かりやすかったんですか。はぁ~、ダメですね、私。
そもそもシフォンが家で焼けるという事の方に驚いておりました…。私には泡立てるという行為が全くダメなのです。ブラウニー焼いたら『これ食べ物じゃないよね?』と聞かれた経験がございます。

お尋ねの『うどん常温沸騰事件』について
友人宅に招かれ、しこたま必死で食べた所(出てきたものは全て美味しそうに食べるが我が家の家訓)、帰宅後に食中毒に近い状態(嘔吐、下痢、発熱)になり、食料調達が困難となったため、実家から母を緊急コールしました。母はいそいそとやって来て、人の家の大掃除(寝込んでいる横で掃除機とクイックルワイパーをかけていってくれました。今じゃなくていいだろうに)のついでに煮込みうどんを大目に作ってくれ、帰ってゆきました。(実家から我が家は所要時間電車でも1時間と少し)が、季節は夏で体調が悪すぎて二日ほど続けてそのうどんを食べて放置すること3日。怖くて鍋のフタが開けられなくなりました。4日目の昼過ぎに勇気を出して(体調もやや復帰したので)中を確認したところあら不思議、火もかけていない、洗剤も入れていないのに中は凄い泡だらけ。流石にまずいだろうと思って中身を処理した所病み上がりのせいか手元が狂って沸騰スープが床にこぼれました。が、余りの衝撃にそれには気づかず、必死で鍋を洗い、泣く泣く具を捨て、後片付けを致しました。
が、何故かそういう時に限って来訪者が…。『異臭がする』と大騒ぎされ、その結果、床にこぼれてさらにあらかた揮発したとおもわれる沸騰スープの残骸が発見され、壁、床掃除までするハメになりました。さらに、何故かもちろん母親にも事の次第はすぐにバレ、二日間冷蔵庫にも入れずにそのうどんを食べ続けたけなげさは嘲笑の対象と相成りました、という悲惨な事件です。
この事件は『味噌汁炭化事件』『早朝食パン炎上事件』と並ぶ三大悲劇として私の中では語り継がれております。が、残念なのは、全て必死の思いが作り出した産物である為、炎上後の食パン以外の証拠写真が残っていないということであります。

FURIさんのブラウニーコメントに、非常に共感いたします。ピンポイントで申し訳ありません。
私もすごい経験をしております。
それも、親子二代に渡るものであります。

うちの親は共稼ぎだったので、小学2年生くらいの私は「ケーキやクッキーを焼いて待ってるママ」に憧れていたらしく、常々、母にそれを恨みがましく言っていたらしいのです。
あるとき母が平日休みのとき、家に帰ったら、母が「ケーキを作ったよ」と、ケーキを出してくれました。
感激してさっそく食べたのですが………ものっっすごく不味かったんですthunder。何でこんな味になるのかわからん、というくらいの不味さ。すっごく酸っぱいケーキでした。どうやったらあの味が出せるのか、知りたいです。
そのケーキをどうしたかは覚えていませんが、その後、一切母が手作りお菓子を作ることはありませんでした…crying。ごめん、お母さん。

 そんな母の娘は、その12年後、初めて手作りチョコレートを男子にあげました。その過程で、鍋をかき回していたゴムべらが、なぜか、半分くらいになっていたことはナイショです。チョコに溶け込んじゃったのかなーtyphoon。見てくれも、恐竜の糞の化石みたいでした。
もちろん、その男子には振られたことは言うまでもありません。

次回、「鉄瓶過加熱事件」をお楽しみに(連載か)。

同じ事を考えるものですね。
私も作ろうか、なー!
と思いつつ別のものを作りました。
今日は作ろうかな。(マロンクリームとキャラメルクリームがあるのであった)
一度「お米の粉」でシフォンを作ったら不思議な口当たりのものができました。
小麦粉アレルギーの方用に開発されたものです。
コメだけにもちっとしたシフォンでした。
それにしてもみなさん、失敗の一つや二つは必ずあるものですね。
製菓ネタはすでに書き込んでしまったので、禁忌ネタをひとつ。

品質保持期限?ぶっちぎり無視のココアパウダーで
ホットココアを作って飲んでました。
(開封から4年は経っていたんじゃないかと。)
まあ、ここまでは自己責任でOkですね。
万が一でも痛い目は自分だけだから。
しかーし、害がないとは言え後輩に振舞ってしまったのはやはりまずかった。(それも何度も)
ついぞ痛い目にはならなかったけど、
後になって空き缶の製造年月日を見た後輩、凍ってたもの(そりゃそーだ)。
※イジメではありません!自分で毎回テスト済み。

この調子で自分の口に入るものに限っては賞味期限にはおおらかです。
私は「もったいない」の信奉者なのです(苦笑)
人様にもらっていただくものはちゃんと!期限内の材料を使います。
本来は美味しい時に頂くのが食べ物への礼儀ですよね(涙)

皆様!!!
ぅわっはっはっはーーーっヾ(≧∇≦)ノ♪♪皆様結構面白いネタをお持ちでござるね(笑)

FURIさん♪
そ、そうだったですね…。確かに3日も経てば泡立ちますわ。。。(夏は結構朝作った味噌汁が夕方に帰ってくると近い状態になってますねぇ)
>悲惨な事件
くっくっくっ…。FURIさんにとっては悲惨だと思うんだけど、私は面白くて笑っちまいました…( ̄∇ ̄*)♪ごめんなさいねぇ~♪(笑)

たまはまさん♪
>すっぱい
…すっぱい…(・・?重曹?違うな…なんだったんでしょうねぇ?
>ゴムベラが半分…
面白すぎて涙が出てきました。。。ヾ(≧∇≦゛)ノ♪
>見てくれ
恐竜の糞の化石って…ヽ( ̄▽ ̄;)ノ
ダメです。。。もう…笑いすぎてお腹痛い…。

たまはまさん連載、鉄瓶過加熱事件を楽しみにしております♪

kinoさん♪
開封から4年…kinoさん、やりますなぁ(笑)
開封前の賞味期限切れなら結構使いますが…4年…よく飲めました♪
後輩さん…kinoさんという素敵な先輩をもって幸せ者ですわ。めったに体験できないことですもの♪(爆)

ひゅうこ師匠
>恐竜の糞の化石
私のブラウニーのコメント、全く同じものをもらいました。あら、同じものを作る方がいるのね、とびっくりです。ただ、私の場合、ブラウニーをパウンドケーキの型で焼いた為、中が若干生っぽいだけ(それだけでも十分な気もしますが)で、品質には問題はなく、(小麦粉を生で食べさせたら問題な気もしますが)切って毎回レンジであたためをしてから食べてもらうことで問題はクリアで、朝ごはん代わりになったらしいです。私は料理も味見をしないのですが、味のクレームは来ませんでした。一見妙なものを男性に食べさせるのに大切な技術、それは論理性です。(『あなたがそんな非科学的で論理的ではないことを言い出す人だなんて信じたくない』この一言で大概のプライドの高い男性は食べてくれます。後は妙なことが何故生じたのかをペラペラと語れる減らず口があればOK…なのか?)

ゴムベラの耐熱温度を今確認したのですが、120度でした。チョコレートかなりグツグツやっちゃったんですね。感激しました。あれ、溶けるんだ。

味できたクレームは生姜を入れたクッキーをあげたら友人に『薬臭い。なに入れた?』というのだけですかね。(実はレシピの2倍量は生姜をおろしたものが入ってしまったのでした。生姜がもったいなくて、つい)後は量が多いというクレームを一番良く頂きます。お菓子は面倒で少なくて2倍量で作りますので…。ただ最近は需要がなくて作っておりません。料理をしても分量配分がおかしいというコメントはよくいただきます。麻婆豆腐が中華風野菜炒め豆腐入りにしか思えないらしい。味噌汁ですら『野菜の味噌漬け』という命名を頂くことがございます。そもそもレシピが貧困なので、一品になるべく野菜を詰め込め!という私の発想は恐らく母譲りなのですが、料理が上手な方から見るととても間違っているそうです。

やかん、黒くしました?うちの母校の教員でやかんをかけっぱなしで仕事に出かけ、マンションを恐怖の渦に陥れた女性がいらっしゃいます…。ご主人に『人の看護の前に自分の管理監督!』と怒られたらしいです。(連絡がついたのがご主人の方で、ご主人が火を止めて謝って回る羽目になったらしいです)『自分の頭の上の蝿は見えないから助け合いの精神が大切だ』と開き直っていらっしゃいましたが。小さい事でウジウジしていたら偉くなれないんだな、と20にして痛感しました。

>ブルーさん
恐竜の糞の化石、こんなあまりにも不名誉な形容詞をいただいていた方が、私のほかにもいたとは…。
それにしても、カズさんがいなければ、このことを知るよしもなかったと思うと、何か運命を感じずにはいられないであります。←大げさか。
ゴムべら、120度なんだ、耐熱温度…。あまりに強くなべ底に押し付けてかき混ぜていたのだと推測されます。なんか、ゴムべらの先っぽが、ロールイカのように丸まってたのを思い出しました。

>のまこさん
すっぱいケーキですが、今あらためて思い出すと、たぶん、レモン味の冷たいケーキ的なものだったような気がします。でもとにかく、レモンだろうがなんだろうが、汁入れすぎだっつうのお母さん! あと、砂糖が少なすぎだったと思うのね! すーっごく酸っぱかったんだから。砂糖の変わりにクエン酸入れたんじゃないかと思うくらいの酸っぱさですよ。ありえん。

>鉄瓶過加熱事件
私、社会人2年目くらいの冬に、忘年会の抽選で南部鉄器の立派な鉄瓶を当てたんです。たぶん、15000円位する立派なものです。でも当時、まったく値打ちを知らなかったので、「ちっ、なんでこんなの当たっちまったんだ!」とか思いつつ、普通にお湯沸かしたりしてゾンザイに扱っていました。
あるとき、妹がとまりに来て、お茶を飲もうと鉄瓶をガスにかけてコタツに入ってたら、いつのまにか二人とも爆睡してしまいました。はたと気づいたら、なんだか部屋の気温が暑くなっており、「はっ!」と思って台所に行ってみたら、鉄瓶が、真っ赤になっておりました! 超から炊き! でも鉄なので、解けるとかもえるとかじゃなく、真っ赤に焼けておりました。
ひゃーっと思って、シンクで水道水をかけたら、ジュワーッという音とともに、もうもうと水蒸気があがり、「ここは村の鍛冶屋か!」という風情でした。焦りつつも、「『走る湯玉』ってこういうのを言うのね」とか、どこか客観的な自分を確認したり(笑)。
こんなふうに焼きを入れなおした鉄瓶は、本来のクログロとした美しい色艶を失い、酸化鉄特有の赤茶けた色になってしまい、すっかり値打ちを下げてしまいました。←あげく、引越しを機に捨てました。
ハア。
もったいないことをしましたよ…。
長い割に、あんまり面白くなくてすみません(泣)。

>ししょう
>長い割に、あんまり面白くなくてすみません
すみません、えらい爆笑してしまいました(笑)
真っ赤になった南部鉄瓶が
「いつまで沸かしとんじゃおりゃーーーthunderthunderthunder
と怒っているようです。
水蒸気でお肌しっとりしましたか?
私も「職場の」小やかんを1個、小鍋を1個再起不能にしたことがあります。
都合の悪い事はトイレに流してしまうので、
諸々あったと思うのだけど、そんなの覚えちゃいねえ。(開き直り)
そうそう社用車も数回傷物に(入社数ヶ月目で一番派手にやらかした)。
自分のでやんなくってヨカッタ♪と始末書書きながら思ったものです(おい)。
壊すのは得意みたい。うふふcherry
今のマイカー「ヴィツ子」は傷だらけです。
だって納車1ヶ月足らずでボコられたんですもの、一気に愛が冷めてしまいました。
(その後2回自分でボコって修理したらボコられた。くそうbomb。それ以降凹んだまんまの哀れなヤツ)
最近はお金がかかるのでやらかしてませんが、
たまにいらなくなった段ボールをジャッキーチェンよろしくケリで潰す(人が出入りするコピー室でやるのがとってもスリリング)のがささやかな楽しみです。
足を振り下ろす時、「ウリャーpunch」の掛け声つきheart01
気分は(関根さんの物まねの)千葉真一punch

ひゅうこ師匠
かなり面白かったですけれど。泣き笑いしました。ロールイカも走る湯玉も図が簡単に想像がいったところがまた。赤くなってたんですか。シンクに運べた所がすごいですよ。火傷しなくてよかったですねぇ。あまりの事態になると人って冷静になれるものですよね…
私も炭化させた鍋は捨てましたが、上記の常温沸騰させた鍋は今も使っております。その後何度もパスタを茹でたりしていますが、食中毒の被害は出ていません。

…ふと考えた。もし万が一我が家でオフ会なんて物があったとしても誰も私が出したもの食べてくれないでしょうね、これ。ま、うちの実家の人も『あんたの作ったものだけは食べたくない』と言いますし。出した事すらないのに。実家じゃリンゴも剥かせてくれません。ちなみにうちの母は私のお弁当に入れるリンゴに何を思ったかそのまま塩を振って入れてくれたことがあります。食べた途端に『ジャリ』といいまして、しょっぱくてびっくりしました。(母はそんなことを自分がするわけがないと否認しています)

そして炎上とは『コメント数が異常に多い事』だと本気で勘違いしていた私。もめてなければ炎上じゃないんだ。一つ賢くなりました。

>FURIさん
自分が書いたコメント読んでたら、間違って呼びかけてますよ…。FURIさんをブルーさんと…。
ふとぶ、りとるが似ているなんて、言い訳になりませんわね…。ばかばかばか、私のばか。
お二方に対し、大変失礼いたしました!

>FURIさん
しょうが味が薬味に。わかりますよー。
私もね、紅茶入りのパウンドケーキを作ったときに、食べた人が一瞬変な顔をして、「…チーズ入り?」と聞いたことがありましたもの…。私、何を入れたんでしょうね(←しょうがの話とは根本的に違う気もいたします)。

>kinoさん
やかんって、やっぱりみんな、ひとつやふたつ、ダメにするんですねー。安心しました(←だめだろー!)

>開封前の賞味期限切れなら
生クリーム、冷蔵未開封なら1ヶ月はいけますよ!
どうですかマダムのまこ!?
(もうだまっとけ自分)
>やかん
全国津々浦々におわします「やかん様」は尊き犠牲であらしゃられます。>ひゅうこさん
失敗は人を大人にさせる近道ですよね(同意を強要)。
>FURIさん
似たもの母娘、といわれませんか?(笑)
お母さんにしてみればりんごに振り塩は合理的なんでしょう。
世の中にはお弁当にカレーを入れたり、ご飯にカラーシュガー(ピンク)をまぶしたり、ジャムをトッピング(おはぎかっつーの)したりするお母様もいらっしゃいます(notマイ母)。
そういえば蜘蛛女のASPで、サンドイッチの定番の具といえば「ピーナッツバター」と言ったのはカズさんだった。←場内から一斉に「え"ーーーっ!」のブーイング。
重箱にびっしりピーナッツバターサンド詰め込まれてたそうですよ。
メンドクサカッタンダロウナ(笑)なんかわかるよ。
365日(休日除く)手弁当×息子3人分なんて、ピーナッツバターにしたくなるよ。と手弁当を作らない私は何故か共感してしまいました。
異邦人な雰囲気の息子を持つ母の感性はややアメリカンなのでしょーか(笑)
(ピーナッツサンドはアメリカのお弁当の定番だと聞いたことあるので。
私はアメリカじゃやってけないな。)

>kinoさん
>似たもの母娘
赤の他人には「見た目が似ている」とはよく言われます。最近は自分が疲れ果てている時の写真が「お母さん、いつこんなとこ行ったの?」という位似ていて背筋が冷えることが出てきました。が、母は私のことを「私の子じゃない。○○(父の名)ちゃんの子だ」と言い張りますし、私も一番言われて嫌なのは「お母さんそっくりだね」です。せめて「妹に似ているね」の方が良いです。(そもそも誰かに似ていると言われるのが苦手なのですよ)

母は結婚前にきちんと料理学校に通った口なので、私のような派手な失敗はございません。作る料理も全然違います。料理の伝承がなされていない哀しい母娘であります。りんご振り塩事件は母親の言う事を信じるのであれば、恐らくリンゴを水に入れて、その上から塩をリンゴに向かって振って、すぐ引き上げたんじゃないか、と現場を押さえていない私は勘ぐっております。家に帰ってから『お母さん、私のことそんなに嫌い?お弁当作るのそんなに嫌?それなら無理しなくて良いよ』と真顔で問い詰め、物が飛び交う大喧嘩になりました。

そして『ピーナツサンドは定番じゃないの?』と本気でびっくりしたのですが、重箱びっしりはさすがになかったですね。でもピーナツロールはよくあったし、私好きでした。妹のお弁当でもよくあったし、彼女も好きだったと言っていました。市販されているくらいだから定番だろう、と思っていました。でもサンドイッチってお腹空くんですよね。ということもあって、『部活の時はご飯で』とリクエストしておりました。

うちの行事の時の定番はおいなりさん&酢飯おにぎりでした。たまたま実家で持たされたものを先日人に見せたら『こんなにご飯つめこんだらアゲが可愛そうだよ』と言われました。そうなの?目いっぱいつめこむのがアゲに対する礼儀だと思っていたよ…
私の男性の友人はお父上もお母上も弁当持参なのに、「お弁当は腐るから」と言って持っていっていなかったそうです。家によって違いますよね。私なんて夏場に4時まで弁当を食べる余裕がなくて、4時に食べて当たったことがあるくらいなのに…(そこまでして食べた理由:残すとお母さん怖い…&学食が13時で閉まってしまう)

どちらにせよ、お弁当は自分は全く作れないので貧乏生活な私には本当にありがたかった、と今になって思います。カレーを入れたお弁当は私も見たことがあるのですが、詰め方にコツがあって、(カレーがこぼれないようにご飯でサンドイッチする形でつめていたのです)凄く羨ましくて『私もあれがいい』と頼んだら母に『それは手抜きって言うんだよ』と断られました。母親社会も建前と本音があって難しいんだな、と悟った10歳の春でした。

おおっ!
いっぱい書き込みが!ありがとうございます!!!

順不同…で失礼しますm(__)m

たまはまさん♪
>鉄瓶過加熱事件
声出して笑わせていただきましたhappy02
面白すぎですっ!
鉄が真っ赤になっているのは、テレビでしか見たことがありません。真っ赤になるってかなりの温度になっていたはず。。。
鉄瓶はもったいなかったですが、そのときに近所の方に通報されずにすんでよかったですねぇ~♪

>レモン
れ、れもんっすか?チーズケーキとかかなぁ~?
まぁ、きっとレシピが悪かったんすよ。きっと。(フォローになってないですね…(^^ゞ)

kinoさん♪
鍋類はありませんが、社用車は私も2度ほどやりました。自分の車じゃなくてホントよかった…(笑)

>ケリで潰す
ストレス解消…ですか?…ですよね。。。shine(そうだと信じたい・笑)
自分が壊れないようにダンボールを潰すくらいドンと来い!でももしこそこそっと千葉真一やジャッキーチェンよろしくダンボールを「ウリャーpunch」と潰しに行ってニヤニヤしている人を間近に見たら、ちょっと怖いかもぉ。。。(笑)

>生クリーム未開封1ヶ月
う゛。。。無理かも。。。(^_^;)(爆)

FURIさん♪
>ピーナッツサンド
定番じゃぁございやせんぜ。FURIさん。この話を聞いたときには、『えーーーーっ!ナシナシっ!』と思いました。(石井さんのお母様、すいません。。。)お弁当にこれは絶対にないと思ってました。サンドウィッチはありですけど。
おやつではピーナッツサンドを食べたりしますが、さすがに甘党の私でも、これだけじゃ腹持ちがしません…。甘いものは、別腹に納めたい(笑)

>母親社会
確かに。今も幼稚園のお弁当は色々あるらしいですね。

え…。うちジャムサンドもセットで必ずあったんですけど。色も綺麗で好きだったのに。やっぱり、なし?

しかも母親『色綺麗だったでしょ?工夫してみた。』とかな~り自慢げでしたけど。(当時)あれ?

渋澤龍彦がね、帝国主義の華々しき幼少期(昭和の初めごろ)に、食パンの真ん中に丸くバターを塗り、その周りをイチゴジャムで四角く塗って、「反対日の丸だー!」って喜んで食べていたんですって。
それを、憲兵だったかな、とにかく、権力側の人に偶然見とがめられて、子どもながらにかなり怒られたんですって…。
その時代に、食パンにジャムやバターとは、ブルジョワジーらしいわあ。そして渋澤らしい。でも、ちょっと悲しいお話ですね。

ってなことを、皆さんの書き込みを見て思い出しました。

FURIさん♪
>ジャムサンド
おおっ!確かに見た目は綺麗ですが…う~~ん。。。私はやっぱりナシ…♪(笑)

たまはまさん♪
澁澤龍彦調べてみました。この方を初めて聞きました。
食パンにジャムやバターは、確かにその時代の日本人にとってはかなりの高級食材だったんでしょうねぇ。まぁ、最近も材料費が上がってきてパンも容易に作れなくなってきましたが(^^ゞバターの値段はかなり上がってます。
>逆日の丸
色々調べてみると、確かに澁澤氏らしいいたずらですわ。それにしても、その時代ではちょっと変わった子供の可愛いいたずら…にならないのですね。。。(*_*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175385/40387295

この記事へのトラックバック一覧です: レモンシフォンケーキ:

« 抹茶クッキー | トップページ | 消しゴムはんこ第4弾 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ