« あかちゃん…垢ちゃん。 | トップページ | お札で… »

2008年6月22日 (日)

イングリッシュスコーン…?

 Photo  
朝から、yahoo!レシピよりスコーンを作ってみました…が、かなりイマイチ。。。
どうも、私がプレーンのスコーンを作ると膨らみが足りなくなるの…(T_T)

どうしてなの?教えて!オーロラっ!(?)
でも、レシピ通りの分量だから、味はおいしかったわ♪



…と、今日は何となくモリーナちゃん(by蜘蛛女のキス)風で書いてみました(笑)

« あかちゃん…垢ちゃん。 | トップページ | お札で… »

お菓子」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

十分綺麗に割れているではありませんか。
ちゃんと型抜きしてるし。
私、コップで型抜きは止めました。←洗物増えるから。
包丁でカットしてます。この際見栄えは考慮に入れてません。
でも、のまこさんのと並べたら確実に口に入れるのはのまこさんのスコーン(笑)やっぱり美しいものの方が食欲そそるもの♪

ふくらみが足りないのは、ベーキングパウダーが湿気てるか
バターが溶けてしまっているか、後は何かの呪いか←八つ墓村?。
参考になるかわからないけど、バターは細かくカットした後混ぜる直前まで冷やしてます。
牛乳も。
夏は温度管理しにくいからお菓子作りも一苦労ですよね~。
逆にベルギーワッフルの発酵にはもってこい!

モリちゃんおはよう♪(笑)
朝からスコーン作るなんてイギリス人のようだわぁ(←イギリス人が果たしてそうなのかは不明) 憧れの食卓。
そしてサドの観劇日を決めるにあたり、「ライブやるなら早めに教えてくれよぅ」と言ってたら某コラムに反応があり、マジびっくらこきました(爆)

kinoさん♪
膨らまない原因が分かりましたっ!…多分、何かの呪いだと思……いやいや、ベーキングパウダーがちょっと湿気てたかもしれませんっ!固まったBPを小さじの柄のところで無理やり崩して使ってたので…(しかも賞味期限切れ(^^ゞ)
バターも、もしかすると想像以上に溶けていたかもしれません。
パン作りの時だと、常温で軟らかくしてから使うので今回もあまりバターの硬さを気にしてませんでした(^^ゞ
BPは新しいのを、買い足しますっ!ありがとうございましたっ!
>ベルギーワッフル
パン系は、発酵が早くなるからいい季節ですよねぇ~♪

トムさん♪
は~い♪イギリス人もどきモリちゃんもどきのノマちゃんで~す♪

>ライブ
トムさんっ!すごいっ!石井さんに「早くぅ~!!」が届いたのかも…(笑)でも、早くぅ~と言ってくださったおかげで、私も予定が早めに立てられて嬉しい限り♪
10月かぁ~♪季節もちょうどいい感じ~♪楽しみですよねぇ!!

>季節もちょうどいい感じ~
本当にそう思われました?私は『台風来るんじゃない?』という思いがとっさに頭をかすめました。

そうかぁ、スコーンレベルになると古いベーキングパウダーは使えないんですね。クッキーくらいなら全然平気なんですけれどね。昔々、旧イギリス領なお国のご自宅に短期で居候していた時、日曜の朝は必ずホットケーキでした…。自宅と同じように寝坊をしているのを3歳児に毎週叩き起こされておりました…。スコーンも焼いていたけれど、スコーンミックスなるものが既にあって、それを混ぜて焼いていた記憶がございます。イングリッシュブレックファーストな感じのスコーンにジャムに生クリームな朝ごはんはありませんでしたよ。イギリスの貴族のご家庭に行ったら出てくるのかしら。(でもそんな人はこんな商魂ばかり逞しい私は家に入れてくれないに違いない)

ライブ、楽しみなような、そんな先のことがやってくるのか不安なような…

FURIさん♪
>台風
た、確かに…(^^ゞでも、10月って確か運動会シーズンかな~(=晴れが多い)と私の中では思いましたよん♪

スコーンミックスなんて、あるんですか!!ほぇ~(゜o゜)っ!
ホットケーキミックスと同じくらい旧イギリス領(…今は中国のところですよね?)ではメジャーなのかしら?

>ライブ
大丈夫っ!そんな先のことがやってきますよ。あっ!という間に…(笑)←ちなみに、これ私の場合アルネ。

のまこさん
ごめんなさい。私の勘違いで、旧イギリス領ではないようで、今でも国家元首はイギリス女王らしいです…。よって香港ではないです。お札だか硬貨だかにエリザベスさんのお顔があった記憶があったので勘違いしていました。
10年前ともなると忘れるものですね…ちなみに行っていたのは(笑える位短期間ですが)カナダです。イギリス領っぽい、と思うのは私だけですかね。

びっくりしたのは誕生日のケーキもキットがあって、それで手作りしていたこと。バタークリームがしんどかったです…。食器洗い機はあってもガスコンロはもともと家に備え付けなためか自動着火ではなくて、毎回火種を使わなくちゃいけないとか、お金のかけ方が日本と全然違って目からうろこでした。親戚が来たときに、一部屋私が使っていた為か家の中にテント張ってたこともあったな。(思わず『何で?』と聞いてしまいました。『バケーションはバケーションらしく楽しくしたいから』というお答えだった気がしますが)

あ~、書いていたら海外旅行に行きたくなってきました。でも今年は転職したばかりなので長期休暇は無理なんですよね。とても『仕事が嫌になったのでガス抜きに海外に一週間くらい放浪の旅に出たい』とは言えません…

FURIさん♪
いえいえ…(^^ゞカナダですかっ!いいなぁ~♪私も、海外旅行したくなってきました!でも、国内の方が言葉が通じていいかな(^^ゞ(笑)
それにしても、カナダって、英語圏でしたっけ?…フランス語?だかスペイン語だか(←本当に鞭…じゃなくて無知ですいませんっ)もしゃべる気がしましたが…。

>家の中にテント
おぉ~っ、やることがでっかいなぁ~。お国柄でしょうか?…それともそのうちの方々の心のでっかさでしょうかねぇ~♪

>家の中にテント
うむ、さすが欧米ははりきって楽しみますね!
ちょっと違うけど、職場の先輩は自分ちで新聞紙にくるまって寝たそうです。
どうしてって、そこに新聞紙があったから・・・。
(眠すぎて布団出すの面倒くさかったらしい)
ある意味カナダの人々と通じる物があるかな~って。
インドアでアウトドア?マイホームでホームレス・・・。カナダってフランス語圏でしたっけ?赤毛のアンですね。あんあんあーん♪

>スコーンレベルになると古いベーキングパウダーは使えないんですね。
ややや、多分他でも使えないと思われますよFURIさん。
こいつは膨らませてナンボな代物ですから(笑)

いや、クッキーは1年前のBPを使って焼いて焼けたことがありますよ、私。(食べられればOK、という価値基準な私)

カナダはほとんどの州が英語圏です。ただ、ケベックとか東の方はフランス語圏なんです。準州になると原住民の皆様が多いので、彼らの言葉も公用語になっていたりするようです。一応公用語は英語とフランス語。よって国内便の機内放送は両方の言葉が流れていました。(ところがフランス語は誰も聞いてなかった…)ただ、英語圏に住んでいるとフランス語は日本人の英語状態だとおっしゃる方もいらっしゃいました。ついでにケベックに1年留学していた友人曰く、ケベック及びカナダ内フランス語圏で使われているフランス語は本家のフランスでは通じないようで、『Can you speak Engrish?』と聞かれていた(ホストファザーが)そうです。パパはいたく落ち込んでいたそうな…。イギリスでアメリカ英語を話すとクスッとやられるようなものなのか、私が青森の人に方言だけで話してもらった状態なのか私にはわかりません。

kinoさん♪
新聞紙って、意外と暖かいですよねぇ~♪(←でもホームレス経験はまだありません)

FURIさん♪
お答えありがとうございますっ!
ほとんどが英語圏なんですねぇ!
カナダのフランス語って本家ではあんまり使えないんですねぇ~。確かにドイツ訛りの英語を話していたドイツ人の英語の先生は、本場アメリカ人先生&イギリス人先生には、話し方(発音やらしゃべり方やら…)についてかなり不評だったもんなぁ~(^^ゞ(これ以上書くと、先生の沽券にかかわる言葉がざぶざぶでてきますので、ここで失礼しま~す!(笑))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175385/41609695

この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュスコーン…?:

« あかちゃん…垢ちゃん。 | トップページ | お札で… »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ